スタッフブログ

TANAKA 自己紹介へ

珍客

2022/07/15(金) 日々のこと

我が家での話。

朝、カーテンを開けるとすだれの一部が、折れて網戸に引っかかっている。

 

おや、と思ったのはやけに“それ”が大きい。

しかもすだれは部屋の中側にかけてあるのに、"それ“は明らかに窓の外。

 

先日の大雨の後だったし、あの日は風も一時強く吹いたりしていた。

寝ぼけた目をこすりながら どこかからのゴミだろうかと顔を近づけて驚いた!!

 

手足がある。1本は欠損しているけれど、これはナナフシじゃないだろうか?

にしても、大きい。

 

 

ネットで調べてみると→

“まるで木の枝に6本の脚がはえたような体型の昆虫。よく似たエダナナフシとは、本種の方が触角が短いことで見分けられる。メスは、緑色~褐色。オスは、濃褐色でメスよりも細いが、通常、メスだけで単為生殖をおこなうため、めったに見つからない。
日当たりの良い雑木林や、林縁の葉上、下草上で見られ、サクラ、カシ、コナラなど、いろいろな植物の葉を食べる。
あまりにも植物にそっくりなので目にとまりにくいが、都市近郊にも多く生息している”

とのこと。

 

↑参考画像

我が家のお客さんは、右の参考画像よろしく、前足をピンと伸ばして1本となって擬態していたため、

あれ?私の知っているナナフシとは違うのか?といぶかしく思ってしまった。

 

しかし、なぜ網戸に張り付いていたのだろう?擬態するものが違うだろうという突っ込みはさておき、

 翌日の朝には、お帰りになっていた。

 

こんなに大きくなかったら、もう少しかわいいと思えたかもとちょっと寂しくなった。

 

記事一覧

1ページ (全9ページ中)

ページトップへ