パーゴラの日除けとアルミルーバーの目隠しとタイルデッキがおしゃれな新築の施工例(川越市)

隣地との距離が近いお庭に採光のルーバーで圧迫感の無い目隠しフェンスを設置。草むしりの必要が無いようにタイルデッキと砕石を配置した機能的な新築外構の現場。
夏の暑さ対策のために木目調のアルミGフレームで躯体にビスを打たないパーゴラも配置。殺風景にならないよう、おしゃれな立水栓と植栽で暖かみを演出しています。

     広いお庭ではないですが 奥行きがあり敷地の先は神社の森。視線は遮るが光と風を通すルーバーフェンスと神社の落ち葉が風で飛ばされて来ても

     お掃除がしやすいようにタイルテラスにしました。LIXIL プラスG木で組んだアーチは夏の強い日差しを遮るターフが掛けられます。

   隣地まで約2メートルの幅です。タイルテラスにした事でテーブルやイスを置いて楽しむスペースとなりました。ターフが付く季節が待ち遠しい。

テラスの上に設けた立水栓と植え込み。夜はスポットライトが植え込みを映しだします。

ルーバーフェンスはLIXILのもの。お隣の森は川越の歴史を見てきた神社。

▼ここから下は編集不可です(←このテキストは表示されませんのでご安心ください)